レンタルサーバーの種類|レンタルサーバーの比較方法やメリットなどお役立ち情報をゲット

レンタルサーバーの種類を知って特徴を比較しよう

使い道は無限大

ハードルが高いと思われているレンタルサーバーですが、レンタルサーバーは会社にかぎらず、個人の方でも多種多様な用途で利用することが可能です。

サーバー使用用途ランキング

no.1

ブログ・ホームページの運営

レンタルサーバーの使用用途で最も人気なものがブログ・ホームページの運営です。自分でサーバー構築をせずに手軽にホームページを公開することができます。

no.2

ネットショップの運営

サーバー使用用途ランキング第二位がネットショップの運営です。個人でも会社でもネットショップを公開して新たにビジネスを始めることができます。

no.3

Webプログラミング

ネットショップの運用の次に人気の使用用途がWebプログラミングです。レンタルサーバーを利用することでサーバー上のアプリケーションを作ることができます。

no.4

SNSの運営

レンタルサーバーの使用用途ランキング第四位がSNSの運営です。新たなSNSを作って公開、または非公開のコミュニティを運営することが可能になります。

no.5

自作ゲームの公開

SNSの運営の次に多い使用用途が自作ゲームの公開です。その他、自作で作ったアプリや作品をレンタルサーバーを利用することで公開することができるようになります。

レンタルサーバーの種類

手

共用サーバー

いくつかあるレンタルサーバーの種類の中で比較的安い料金でレンタルできるものが共用サーバーです。共用サーバーは、サーバー利用に必要なものが始めから揃っているのですぐに利用することが可能です。しかし共用サーバーの名前の通り1つのサーバーを共用で使うため制限は多くあります。

VPSサーバー

VPSサーバーは、共用サーバーよりも高めの料金になりますが、その分制限が少ないことが魅力です。運用や管理は自分で行う必要があるため、ある程度の知識が必要になります。初めてレンタルサーバーを利用する方には向いていません。

マネージド専用サーバー

制限がほとんど無く、自由に使えるのがマネージド専用サーバーです。共用サーバー、VPSサーバーに比べてスペックも高い傾向にあります。運用管理はサーバー会社が行うので初心者の方でも安心して利用することができます。

セルフマネージド専用サーバー

マネージド専用サーバーとは違い、運用と管理を自分で行う必要のあるものがセルフマネージド専用サーバーです。4つのサーバーの中では最も自由度が高いレンタルサーバーになります。価格も高くなりますが、知識もあり自由にサーバーを利用したい方には最適な選択肢になります。